企業の躍進と継承のカタチに革新を。

会社概要 | よくあるご質問 | M&A専門家の方

M&Aを行なう時期はいつが良いのか?

いつが売り時なのか?

会社売却 タイミング

会社を売る動機や、目的は明確になったとして、次に考えるのは「いつが売り時なのか?」かも知れません。

 

M&Aの世界も、結局は需要と供給です。

 

そういう前提で考えれば、自社にマッチする良い買い手が多く存在しているかどうかが重要ですが、その見極めは、実際に市場に自社に対する興味度合いを問うてみなければわかりません。

 

しかし、その前に自分自身でも、どのタイミングで売却する方向に踏み出すべきなのか?今は適切なのか?について、ある程度見通しを立てておきたいというオーナーのために、自社の売り時をどう見極めれば良いのか ?についてお話します。

 

Standard M&Aが提案する自社が売り時かどうかを自分だけで判断する方法としては、下記の2軸の組み合わせを元に決めます。

 

1.オーナーの事業意欲の強弱

2.会社の業績の良し悪し

 

1については、一時的な場合もあるかもしれませんが、そうなるには理由があるはずです。突き詰めると、最も重要な売却要因と言えます。

 

2.については、有利不利の観点で、やはり業績が良いほうが高く、有利な条件で売却ができます。

 

【タイプA】 意欲強い 業績良い

教科書的に言えば、最も売り時です。

客観的な業績もよく、それを更に伸ばすエンジンとなる経営者自身のモチベーションが高いためです。買い手からすると最も魅力的な状態です。

しかし実際には、この状態で売却を決断できる経営者はほとんどいません。よほど差し迫った後継者問題等がなければ、特に売却する理由がないからです。

 

【タイプB】意欲弱い 業績良い

現実的な最も良い売り時です。

まず客観的な業績が良いので、高く、有利な条件での売却可能性が高まり、オーナーの創業者利益や、キャピタルゲインを確保できる金額も高まります。

一方で、社長の意欲が低下すると、そのうち業績も低下してきます。また従業員は敏感に察知するので、離職や、現場のミス・事故の可能性も高まるかもしれません。

そのような状態になって価値が下がる前に、一度は売却という選択肢を検討すべきです。

また、今後の会社の安定度合いにもよりますが、よほど手堅いストックビジネスや、変化の少ない業界を除いて、そのまま経営を続けるより、会社を売却したほうが手元にお金が多く残ります。

 

【タイプC】意欲強い 業績悪い

状況や、意欲の背景となるものにより売却については判断が分かれるところです。しかし選択肢として検討しても悪くはないでしょう。

この状態の場合、いずれにしても業績立て直しの緊急度が高いため、売却を視野に入れつつも選択と集中による収益性の高い事業への一本化や、他社とのアライアンス、新規事業含めて、あらゆる選択肢を検討して何とか業績回復をはかりたいところです。

 

【タイプD】意欲弱い 業績悪い

最も売却が難しい状態ですが、常に売却のチャンスを探っておくのが得策です。繰り返しですが、売却できるかどうか、良い相手が見つかるかどうかはタイミングです。

すぐには売却が難しくても、諦めずに探しましょう。

もし仲介会社に依頼する場合は、完全成功報酬型で着手金が発生しない会社に依頼しましょう。難易度が高いので、お金は払ったが結果が出ないことは多いです。

このタイプで、業績回復の見込みが正直難しいという判断の場合は、今後もどんどん業績が悪化していき、倒産や廃業に追い込まれることも考えられるので、より本格的に、そして早めに売却に動くことをおすすめします。

 

以上4つのタイプ分けで自社の売り時に関する判断軸を見てきました。

 

M&Aは、「売りたくない時が売り時。売りたい時が売れない時」という言葉もあるぐらい売り手からすると、ある意味では非常に皮肉です。

 

しかし、これが現実である以上、このことを念頭に置きつつ、自社の売却のタイミングを常に考えておくことが、理想的な売却につながります。

まずはお気軽にご相談ください
お電話の場合: 03-4405-4102
※平日9~18時 土日祝日除く
Facebookページでも新着売却案件紹介しています
いいね!ボタンを押すと新着情報がタイムラインに流れます

page top