企業の躍進と継承のカタチに革新を。

アドレスだけで、新着売却案件情報お届け

会社概要 | よくあるご質問 | M&A専門家の方

シナジー効果

会社売却を考えるオーナーにとっての用語の重要度

★★★★☆4 重要

■一般的な意味

シナジー(Synergy)効果とは、相乗効果のこと

 

■会社売却を考えるオーナーにとっての意味あい

M&A synergy

多くの買い手がM&Aを実施する際の理由として挙げる、相乗効果のことを指します。

 

M&Aを行なうことで、買い手の企業価値が、1+1=2 以上になる場合を「シナジー効果が出た」と言います。

具体的には、単に売上の合計額が合算により増えるだけではなく、相互に送客して売上増と顧客獲得コスト削減を両方成立させたり、仕入れを一元化してボリュームディスカウントを実現したり、管理部門や、システムの統合によりコスト削減をはかる等です。

 

買い手企業は、買収することで上記のような相乗効果が発揮されると考えるために、売り手に対して買収提案を行います。

 

買い手の考えるシナジー効果に異論がなければ、売り手にとしては、買い手の社内検討のために、それをどのように根拠を持って、確度高く、実現可能性を伝えられるかについての情報を補強してあげることは重要です。

 

シナジー効果があるM&Aというのは、M&Aの基本ではあるのですが、例外的に、シナジー効果がない、またはその効果を出すことを目指さない買収もあります。

買い手がオーナー企業である場合に、しばしば見られます(例:建設会社が飲食店を買収)

まずはお気軽にご相談ください
お電話の場合: 0120-546-814
※平日9~18時 土日祝日除く
Facebookページでも新着売却案件紹介しています
いいね!ボタンを押すと新着情報がタイムラインに流れます

page top